EVENT

イベント情報

絵本をお芝居にしてみよう 指導:ニットキャップシアター

2017年03月30日

WORK SHOP

絵本をお芝居にしてみよう 指導:ニットキャップシアター

声と体と民族楽器を使って、絵本をお芝居にしてみましょう!民族楽器は、風景や感情などが連想できる、不思議な音ばかり。まずはそんな楽器に触れ、音の面白さを体験し、その後お芝居にするための役割を決めます。演技をする人、朗読をする人、音を出す人など、みんなの力をあわせる事で作品を作りあげて行きましょう!!


■対象:小学生(低学年) ■定員:20名 ■参加費:無料
■申込み:アプラホール窓口または電話にて(072-267-0018)

指導:ニットキャップシアター

京都を拠点に活動する小劇場演劇の劇団。
1999年、劇作家・演出家・俳優の ごまのはえを代表として旗揚げ。
関西を中心に、福岡、名古屋、東京、札幌など日本各地で公演をおこない、2007年には初の海外公演として上海公演を成功させた。

一つの作風に安住せず、毎回その時感じていることを素直に表現することを心がけている。代表のごまのはえが描く物語性の強い戯曲を様々な舞台手法を用いて集団で表現する「芸能集団」として自らを鍛え上げてきた。シンプルな中にも奥の深い舞台美術や、照明の美しさ、音作りの質の高さなど、作品を支えるスタッフワークにも定評がある。

ごまのはえは、2004年に『愛のテール』で「第11回OMS戯曲賞大賞」を、2005年に『ヒラカタ・ノート』で「第12回OMS戯曲賞特別賞」を連続受賞。2007年に京都府立文化芸術会館の「競作・チェーホフ」で「最優秀演出家賞」を受賞するなど、劇作家、演出家として注目を集めている。

劇団名は、ムーンライダーズの楽曲「ニットキャップマン」に由来する。

http://knitcap.jp/index.html

 

日程 2017年03月30日
開演時間 10:30
場所 ギャラリー
料金 無料